出雲大社 番内と吉兆さん 

 正月3日は朝から「吉兆さん」と「番内さん」が大社の町内を練り歩きます。吉兆さんというのは、「歳徳神」と大きく縫いとりした金襴の幟旗(のぼり)の山車のことです。その幟旗の頂には金色の剣が立ち、歳徳神の神霊の依りましといわれます。この歳徳神の先祓いの役をなすのが番内さんです。普通は町内の厄男が扮し、孟宗の青竹のささらをもって地面をたたき、ふりかざしながら、「悪魔払い、悪魔払い」と大声で叫び町内をまわります。そうすることで自分の厄はもとより町内の各家庭の厄までも祓い清めることになるのです。
IMG_2771.jpg
IMG_2770.jpg

コメントは受け付けていません。